Laule’a(ラウレア)について

Laule’a(ラウレア)とは、ハワイ語で「幸福」「幸せ」を意味する言葉です。
障がいの有無にかかわらず、共に、楽しみながら生きる生活や人生が当たり前になる感覚を「遊び心」で養いたいという思いで設立されたNPO法人です。

団体立ち上げの背景には、障がいのある子どもを持つご家族からの「車いすで遊べる場所がない」「子どもたちがのびのび過ごせる場所がほしい」「もっといろいろな体験をさせてあげたい」といった声がありました。「障がいのある子を『見る』施設でなく、障がいのある子が『思い切り身体を動かしたり、自由に遊べる』施設を作ろう」「障がいのあるなしに関わらず子どもたちが一緒になって遊べる場所を作ろう」「大型遊具で思いっきり遊べる場所にしよう」という思いから設立しています。

理事・役員

理事長   横川 敬久 (よこかわ のりひさ)

副理事長   大郷 和成 (だいごう かずなり)

理事     横川 厚子 (よこかわ あつこ)

理事     鈴木 真 (すずき まこと)

理事     鈴木 拓真 (すずき たくま)

法人定款・役員名簿

  • 法人定款
pdf_icon

laule’a定款.pdf(PDFファイル 184.6 KB)

NPO法人ポータルサイトへのリンク

特定非営利活動法人 laule’a | NPO法人ポータルサイト – 内閣府